ベロタクシーとは?

Velo-1ベロタクシーは1997年に近距離交通システムとしてドイツの首都ベルリンで開発された自転車タクシーです。公共交通を補完する交通手段としての活躍だけでなく環境問題、高齢化社会問題、地域活性化、雇用問題などの解決策のひとつでもあります。

この斬新な交通コンセプトは、乗客・広告パートナー・ドライバー・地域住民・行政の協力により世界各都市で広がり続けています。また、多くのイベントやパレードなどでも人気があります。

 

世界そして日本国内での運行状況

Flyer06_06ベロタクシーは世界中で急速に成長しています。世界中で800台以上が運行され、2004年アテネオリンピックや2006年サッカーワールドカップドイツ大会でも運行されました。

日本では2002年に京都で運行開始以来、現在までに21都市で100台以上が運行されています。2005年愛・地球博では公式交通手段の一つとして活躍し、延べ32万人の乗車を記録しました。また、環境大臣賞をはじめ様々な賞も受賞しています。

ベロタクシーは、車やバスでは体験できない街との一体感が感じられ、街の賑わいや情緒・空気・季節感などを堪能できます。細い路地での走行もできる自転車の特徴を活かし、今までにない運行コースも設定できます。そしてこれらのコース周辺に対して、騒音被害や排気ガスで環境を汚染してしまうようなこともありません。

ベロタクシーの詳細はこちらへ。